ラテン語ファンサイト

ラテン語を学ぶすべての人のために

Archive for the ‘語彙’ Category

トケイソウのラテン語名

leave a comment

トケイソウは英名で passion flower ですが、ラテン語では flos passionis (フロース・パッシオーニス)と呼ばれます(学名ではありません)。

passio の所有格(ラテン語文法では属格と呼ばれる)が passionis です。flos は「花」を意味します。

なお、 passio は英語の passion の語源となるラテン語ですが、なんと訳せばよいのか自信がありません。情熱?受難?

Written by taro

7月 5th, 2010 at 5:46 pm

Posted in 語彙

指の話

3 comments

ラテン語で指を digitus といいます。英単語 digital などの語源です。

さきほど digitus をラテン語辞書にエントリーしました。その際、親指から小指までの呼び方も記しておきました。

指をめぐる表現には様々な意味が込められています。

「古典ラテン語辞典」(大学書林)の記述を参考にいくつか紹介しましょう。

pollice verso 親指をのばして下に向ける(負けた剣闘士が殺されるのに賛成するしぐさ)
(※pollex の奪格が pollice です。pollex は親指の意味です)。

人差し指 digitus index と言うのはわかるとして、salutaris (救いの)と形容する表現もあります。なぜでしょうか?

「見物人が負けた剣闘士に好意を示すとき、人差し指を高くあげた」~古典ラテン語辞典

次に中指。

digitus infamis (恥ずべき指)といいます。

「卑猥なしぐさに用いられるので」と「古典ラテン語辞典」。

英語表現でも中指を立てるのは侮辱を意味します。

薬指は文字通り、medicinalis(医学の、治療の)と形容されます。なぜ治療と関連付けられるのか?

これはよくわかりません。

最後に「小指」は「もっとも小さい指」と呼ばれます。何の変哲もありません^^

parvus (小さい)の最上級 minimus (最小の)で形容されますので、digitus minimus となります。

Written by taro

7月 4th, 2010 at 10:30 am

Posted in 語彙

Tagged with

ロマンス系言語逆引き動詞活用

leave a comment

ラテン語MLのメンバーからのお知らせを転載します。

——————————————————————————-

「ロマンス系言語逆引き動詞活用」VectorにUPしました。

ラテン語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語で活用形からの逆引きができます。

ラテン語逆引きは母音の長短は表示しませんが、もうひとつの活用表は標準的な辞書による長短を区別しました。

原則フリーソフトですので、お使い下さい。Excelで作成しました。

次のHPのURLからたどって下さい。また間違いを指摘して下さい。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~romanceverbs/

Written by taro

7月 3rd, 2010 at 10:39 pm

ラテン語で命名するって

leave a comment

ラテン語でお店の名前をつけるのは難しいです。知人に依頼されているのですが。サブタイトルとしてふさわしい格言を紹介するならいくらでもできるんですが^^

それはそれとして、実際ラテン語のついた店名はさがせばいろいろあります。印象的なのは、Ergo Bibamus (だから、飲もう)というお店。京都の真ん中にあります。

「飲む」ということでいえば、Multae sunt causae bibendi. 飲む理由はいっぱいある。~ラテン語の格言 お店のサブタイトルに向いています。

以前務めていた京都工芸繊維大学の喫茶店と学食にはラテン語の名前がつけられていました。一階が食堂でアルス。二階が喫茶店でベリタス。ars と veritas (昨日この単語について書いた)です。技術が真理を支えているという構造です。

それにしてもこのハイカラな命名をしたのはなんとノーベル賞を受賞された福井謙一先生(当時学長)でした。さすがです^^

Written by taro

7月 3rd, 2010 at 3:26 pm

Posted in 語彙

Tagged with

プロ・ボノがラテン語である件

leave a comment

プロ・ボノがラテン語である件。

詳細は、ウィキの説明に譲ります。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%8E

ネットでのやりとりで「プロが専門知識を・・・」との説明を見ることがありましたが、pro bono (publico) の pro は英語の for の意味を持つラテン語の前置詞です。bono は bonum の奪格。publico は「公共の」を意味する形容詞の奪格・単数。bonum は中性なので、publico も中性です。

Written by taro

7月 2nd, 2010 at 4:47 pm

Posted in 語彙